らぶ日記

ひともすなる日記というものを、犬もしてみむとてするなり。

わたくしの名前はらぶ。平成15年10月25日生まれ、さそり座の女でございます。

今日から3月。
けらさんは人間ドックに行きました。

P1220563
▲人間ドッグとドッグ人間。

血糖値が高めだった以外はほぼ正常でした。
良かった良かった。
ヨーコはパソコンを新調。
毎日システム修復ディスクで起動するという危ない橋を2ヶ月くらい渡っていたので、ホッとしました。
2月に買っておいたんですが、忙しくて引越できなかったのであります。
なお、本日の国会では大塚耕平議員の質問にて、
「安部総理はレジ打ちのスピードが倍になれば、その人や企業の生産性は上がる」
と考えていることがわかって驚愕しました。
こんなんでよく、経済学者のクルーグマン(ノーベル経済学受賞者)と面会したもんですわ。
ああ怖い怖い。

検察判断と政権への打撃

―背任罪の適用はハードルが高いと言われる。

 「それは誤り。背任罪には『任務違背』『図利加害目的』『財産上の損害』があることが必要だが、図利加害目的を証明するハードルが高いという伝説が、法律専門家の間にはびこっている」

 「若い検事ほど、経験があまりないからハードルの高さを感じるようだ。だが背任罪の判例の積み重ねから言うと、図利加害の目的犯といいながら『図利加害の事実の認識』があれば適用できる方向に、解釈を広げてきている」

森友問題で、近財や大阪航空局などの担当者に対する背任罪の告発状が大阪地検特捜部に出されていますが、その告発状に意見書を書いた松宮孝明・立命館大法科大学院教授のインタビューです。
「図利加害の目的」とは、背任罪の行為者が、自己または第三者の利益を図るか、または他人に損害を与えようとすることで、森友問題だと、
・背任罪の行為者:佐川理財局長(当時)ら
・利益を得る第三者:安部総理
になるんでしょうか。

―「(ごみがどれくらい含まれているか)改めて調査していたら、開校が遅れる」と籠池泰典前理事長らに言われ、国として調べることはせず大幅な値引きに応じることで交渉を前に進めた経緯があるようだが。

 「理由にならない。大学の学科新設などで国から認可を先延ばしにされるケースは何度も見てきた。なんだかんだと不備を指摘され、開設が延期になることは珍しくない。その間、学生は入学せず学費収入もないが、延期になったからと言って国を相手に訴訟を起こした話はほとんど聞いたことがない」

そうなのか~。
松宮孝明先生は刑法の大御所だそうです。

にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ
にほんブログ村 犬ブログへ
医療法人松月会なるみ歯科クリニックの予約ページへ

今朝、空からスズメが落ちてきました。
鳥インフルエンザかも。
働き方改革関連法案は先送りになったようで。
とりあえず良かったです。

P1220533
▲ふー。

さて、日本青年会議所・憲法改正推進委員会による憲法改正のネット工作資料が流出したというお知らせ。


「宇予くん」というキャラクターをつくり、「憲法改正をはじめとする歴史や愛国心など保守的なことを面白くつぶやく、また対左翼を意識し、炎上による拡散も狙う」と。
当該アカウントを覗いてみましたが、憲法改正のネガキャンにしかならなそうな言動ばかりで、脱力しました。
むしろ、ヤル気あるのかと。


福田元総理大臣は東京都内で講演し、自民党が憲法改正の項目に掲げる「自衛隊の明記」について、安全保障関連法が整備され改正の必要はないという認識を示すとともに、自民党は改正しやすいかどうかの観点で議論を進めていると苦言を呈しました。

この中で、福田元総理大臣は憲法改正について「来年は皇位継承や参議院選挙があり、そのあとはオリンピックもあって、日程的に忙しい。憲法改正のような大きなテーマをやっている時間があるのか」と指摘しました。
そのうえで、自民党が改正項目に掲げる「自衛隊の明記」について「憲法を改正したい理由の一つに、他の国が行うようなPKO活動を日本ができない状況はよくないということがあった。ただ安全保障関連法を整備したので、当面はそれでいいのではないか」と述べ、憲法改正の必要はないという認識を示しました。
国防的に現行法でできないことは、もうないでしょう。


にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ
にほんブログ村 犬ブログへ
医療法人松月会なるみ歯科クリニックの予約ページへ

今日は天気が良かったので、

P1220540
▲犬と魚を干す。

P1220546
▲干される。

さて、裁量労働制で野党が審議拒否に出てますが、



自民党側からは「ずさんな調査で国民に説明がつかず、猛省すべきだ」などと厚生労働省を批判する意見が相次いだほか、関係者の処分を求める意見も出されました。

「関係者の処分」……内閣も、ですかあ。


経済産業省の有識者会合。
32年後にはこの世にいない有識者であること、確実である。


戦時中に投下された不発弾を処理する費用は自治体や国が負担すべきだとして、大阪市の不動産管理業の男性(59)ら3人が市と国に576万円の支払いを求めた訴訟の判決が26日、大阪地裁(比嘉一美裁判長)であった。「国・市に費用を負担する法的義務はない」と訴えを棄却した。

これは典型的な「受忍論」。

不発弾処理費は「国民が等しく受忍しなければならない戦争損害」とも指摘。国や市が負担することは特定の個人に利益を与えることになるとし、「負担しないことが社会通念上著しく妥当性を欠くとはいえない」と結論づけた。

つまりは総力戦の名残なんですかコレ。
慰安婦訴訟で、当時の日本人は皆苦しかったんだ! とか原告を非難するみたいな。
戦争は、いまだ続いてますよ。
にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ
にほんブログ村 犬ブログへ
医療法人松月会なるみ歯科クリニックの予約ページへ

このページのトップヘ