らぶ日記

ひともすなる日記というものを、犬もしてみむとてするなり。

2017年08月

P1190171
▲朝から晴れました。

久しぶりです。

P1190194
▲あっ、裸で。

夜は25℃を切るようになってきましたが、

P1190185
▲暑いのう。

昼間はあいかわらず。

P1190187
▲ぶっとい甲虫の肢が。

カブトムシかも?



オーストラリアの右翼政党「ワンネーション」の党首、ポーリン・ハンソン上院議員(63)が17日、顔を含む全身を覆う黒いブルカ姿で上院に登場し、治安上の理由を挙げて政府に公共の場での着用禁止を求めた。イスラム教徒ではないハンソン氏の行動に、議場は一時、騒然とした。

ハンソン氏は「我が国の治安を考えて、ブルカを禁止にしないか。テロリズムは脅威だ」と質問。豪州でもイスラム過激派に感化されたテロの心配が強まっていることと、イスラム女性がかぶるブルカを結びつけて尋ねたとみられる。

これに対し、ブランディス司法長官は「禁止にはしない。あなたがイスラム教を信じていないことをここの全員が知っている。その中で、あなたはブルカをかぶってきた。信仰心を害する行為だ。豪州にいる50万人のイスラム教徒の圧倒的多数は、法を守るよき豪州人だ」と一蹴した。

差別主義者の主張が非合理で幼稚でひとりよがりなのは万国共通ですが、問題はこの司法長官のように合理的かつ常識的な対応ができるかどうかなんですよね。
まさに民度が問われる問題だと思います。
にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ
にほんブログ村 犬ブログへ
医療法人松月会なるみ歯科クリニックの予約ページへ 医療法人松月会なるみ歯科クリニックHP

午後は強雨。
避難勧告が出て、カミナリも鳴りました。

P1190153
▲カミナリ一過の空。

P1190157
▲こわかった。

午前中は、トライアル(仮名)にお買い物に行きました。
コスモス(仮名)とトライアル(仮名)は日配食品で数円レベルの熾烈な価格競争を繰り広げていますが、

厚揚げ:トライアルがコスモスより10円/個、安い
木綿豆腐:コスモスがトライアルより6円/個、安い

ので、悩みます。
オリーヴオイルはコスモスが安く、柿ピーはトライアルが安く、ヨーグルトは(以下略)
と悩み深き庶民がアホらしくなる記事を赤旗で見ました。


「パーティーで、国民の疑惑を招きかねないような大規模なものの開催は自粛する」―。閣議で決めたルールを破って大規模な金集めパーティーを開いた“前科”のある閣僚が、安倍晋三首相を先頭に11人も新内閣にいることが16日、本紙の調べでわかりました。


パーティー1回開いて1000~2000万円の収入ですか。
もうかりまんなあ。
なお、このルールは2001年に閣議決定された「国務大臣、副大臣及び大臣政務官規範」で、在任中に
・大規模(1000万円以上の収入/回)政治資金パーティーの開催、
・株式などの有価証券・不動産・ゴルフ会員権などの取引

などを自粛するとし、また、

・関係業者からの供応接待

もアウトです。
ということは?

学校法人加計学園の加計孝太郎理事長とたびたび食事をしていた安倍首相は「私がごちそうすることもあるし、先方が持つ場合もある」と国会で答弁。規範破りの疑いがあります。

閣議決定って、本当に軽くなりましたよね。
云々をでんでんと読むとかね。
にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ
にほんブログ村 犬ブログへ
医療法人松月会なるみ歯科クリニックの予約ページへ 医療法人松月会なるみ歯科クリニックHP

早朝、雨音で目が覚めました。
スワ豪雨か!
とビビりましたが、すぐフツーの雨に。

P1190137
▲さあ、雨のやみ間にシッコだ(=シッコ猶予)。

シッコの後ヨーコにつかまり、

P1190141
▲毛をむしられました。

家の中で毛を落とさないでと言われましたが、無理な話です。



なにそれ。
室伏や大鵬だってハーフじゃないですか。
こういう人たちは、恐らくメジャーリーグで野茂やイチローが活躍するとやたら大喜びして、しかし自分の態度の矛盾には気づかないバカなんでしょう。
モンゴル人なくして相撲はもうありえない時代なのに、モンゴル人力士に「国に帰れ」とか言ったりね。
ちなみに。
開明せんと必死だった鹿鳴館時代には、西欧人との雑婚を進めて日本人の体格を改良しようという極論も出ました。


もちろん鹿鳴館時代は西欧マンセーの猿マネ時代でバカではありますが、猿マネに見えようともグローバルスタンダードに至ろうという明治人の努力は評価されるべきで、例えば、太平洋戦争時にB29が阿蘇に墜落、操縦していた米軍兵士を叩きのめそうとしていた村人を止めた老人は、日露戦争に従軍した元兵士だった――という話がありますが、これはつまり、

・日露戦争時には一兵士にもグローバルスタンダード(捕虜虐待の禁止)が周知されていた
・保守&国粋化していた太平洋戦争時には、国際戦争をやっているにもかかわらずグローバルスタンダードは無視されていた

という証左であり、そのひとつの結果が、九大生体解剖事件なわけです。
で、本邦に五輪が開催されるという今、「黒人だから」などという人権意識で海外から人を招べるんですか?
日本の幻影にしがみつく平成人の偏狭、無恥、ひきこもり傾向は、日本の恥だと思います。
にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ
にほんブログ村 犬ブログへ
医療法人松月会なるみ歯科クリニックの予約ページへ 医療法人松月会なるみ歯科クリニックHP

昨夜は豪雨でビビりました。
雨こわい。
日中はカミナリが鳴っただけで、あまり降りませんでした。

P1190119
▲もういいかい。

P1190120
▲まあだだよ。

P1190121
▲よし、探すぞう。

P1190123
▲まだ隠れてないけんが。

夜はこれを見ました。
【NHKスペシャル】戦慄の記録 インパール

旧日本軍のダメっぷりの象徴、インパール作戦のドキュメンタリーです。
恐らく本邦初の現地取材(インドとミャンマーの国境地帯)と、作戦を生き抜いて存命の兵士へのインタビューが見所。

「日本人同士でね、殺してさ、その肉をもって物々交換とか、売り行ったりね。
それだけ落ちぶれていたわけだよ、日本軍がね。
それがインパール戦だ」

作戦による戦死者約3万人、傷病者約4万人。
戦闘よりも、撤退中に病や飢えで死んだ兵士のほうが多い事実を、地図上に時間を軸として立体で示す映像に、つくり手の執念を感じました。

「死ねば往来する兵が裸にして、褌にいたるまで持っていってしまう。修羅場である。皇軍同士もない。死体さえも食えば腹がはるんだと」

現地で飢えた兵士は、弱った仲間の肉を切り取って食ったり、売ったり、物々交換したりしていたという地獄。
その屍累々となった道は、白骨街道とも呼ばれました。
戦耗率100%の特攻はもちろん悲惨ですが、インパールで飢えて泥水を飲んで死ぬよりもよほどラクだと思うほどでした。
そしてよくぞ、存命者の証言を取ってきましたNHK。
物語の軸は、牟田口の司令部づきだった陸軍経理学校卒の齋藤博圀少尉が残した記録です。

「経理部長さえも補給は全く不可能と明言したが、全員が大声で“卑怯者、大和魂はあるのか”」

結局、作戦が反対を押し切って実行されたのは、
牟田口廉也第15軍司令官がやりたかったから。
そして仲のよい上官が牟田口にやらせてやれ、といったからなんですね。
で、反対者は左遷すると。
森友学園、加計学園問題と根は同じです。

「わたしたちの朝は、道路上の兵隊の死体の仕分けから。司令部では毎朝牟田口司令官の戦勝祈願の祝詞から始まります。“インパールを落とさせたまえ”の神がかりでした」

1万人が死んだところでやっと牟田口司令官が撤退を命令し、その牟田口はとっとと帰国して、さらに戦後は誰も自分が決めたんじゃないと作戦失敗の責任を取らなかった。
マラリアにかかり、前線に置き去りにされた齋藤少尉――ですが、最後の最後に登場します。
敵の捕虜となったほうがよほど助かるという……これも日本軍の恥部であります。

96歳の齋藤さん、自分の日誌をみて、
「よく見つけたなあ」
「あんまり見たくないなあ」
泣かれます。
「日本の軍人がこれだけ死ねば陣地がとれる、自分らが計画した戦が成功した――日本の軍隊の上層部が、悔しいけれど、兵隊に対する考えはそんなもんです。(その内実を)知っちゃったら辛いです」


にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ
にほんブログ村 犬ブログへ
医療法人松月会なるみ歯科クリニックの予約ページへ 医療法人松月会なるみ歯科クリニックHP

本日はまた大雨警報が出て、ビビりました。
大したことなかったですが。
地震カミナリ火事おやじとはいいますが、いまや雨まで恐いです。

P1190108
▲がんばろう(by おやじ)。

P1190103
▲このへんかしらね。

P1190104
▲チー。

今日は来客があったのですが、昼食時に竹のお箸を出そうとしたら、ネズミに食われていました。
竹の箸ですよ?
他に食べるものはなかったのか、なぜか屈辱を感じました。

さて。
1945年8月15日の敗戦の日(なんて言ってるのは世界で日本だけ)、の後に行われた樺太戦についてのドキュメンタリーです。
まず、当時の樺太戦体験者(80~90代)を探し出し、インタビューしていることに驚嘆。
さらに、大本営は停戦命令を出したのに、札幌の第5方面軍(司令官:樋口季一郎)が現地の第88師団(参謀長:鈴木康)に対し「樺太を死守せよ」という勝手な命令を出したという事実に度肝を抜かれました。
樺太戦は日本軍による先制攻撃でズルズルいったという認識だったのですが、なんと司令官から命令が出ていたと。
これは中国山西省での日本兵残留問題※と同根で、文民統制の崩壊による悲劇だと思いました。
で、第88師団の指揮のもと「裸よりはマシ」(証言より)程度の武器(竹槍など)でソ連軍に応戦した民間人ですが、当然ながら容赦なく殺されます。
本土に渡ろうと港まで徒歩で逃げる民間人も爆撃され、生き残ったものも家や財産などすべてを失います。
捕虜となった日本人兵士は、シベリア抑留です。
なお、番組では触れられていませんでしたが、在樺太の朝鮮人(当時)で北緯38度以南の出身者は、韓国がソ連と国交を持たなかったために日本人以上に苛酷な生活を強いられたと、仄聞したことがあります。
蓮舫氏の二重国籍問題でも思いましたが、もうちっと日本は宗主国だった責任を考えるべきじゃないですか?
蓮舫氏など、大日本帝国を懐古するor賛美する右翼系の人こそ擁護しなければならない人なのに、真逆ですからね。
また、世界の戦史をみればどの軍隊も至極残酷ではありますが、敵に対してはともかく、自国の兵士、そして自国民に対しこれほどムチャをさせる国はレアだと思いました。

※山西省日本兵残留問題
日本軍の上官が部下の兵士を中国現地の国民党軍と手を組んで戦闘のために“売り”、てめえはさっさと帰国。日本人兵士たちは日本敗戦も知らず、あるものは戦って死に、あるものは共産党の捕虜となり、日本敗戦9年後にやっと帰国すると“中共帰り”と白い目で見られた上に、勝手に除隊したとされていて軍人恩給資格もなかった――という悲劇です。
残留兵たちは政府に陳情や請願を続け、2001年には国を提訴しますが全面敗訴しています。
残留が軍命令であるとすれば、ポツダム宣言違反となるからです。
この残留兵のひとり、奥村和一さんを主人公にしたドキュメンタリー映画が、「蟻の兵隊」です。

にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ
にほんブログ村 犬ブログへ
医療法人松月会なるみ歯科クリニックの予約ページへ 医療法人松月会なるみ歯科クリニックHP

このページのトップヘ