らぶ日記

ひともすなる日記というものを、犬もしてみむとてするなり。

カテゴリ: 日記

P1190754
▲雨のおくション(屋外しょんべん)。

最高気温27℃で、涼しい1日でした。
それはいいのですが、台風の前なので頭痛がします。
だりー。
デカイ台風だそうで、頭痛もデカイです。
しかもアスピリンを切らしていて、死にそうになりました。
死にそうになりつつも、新鮮なシシ肉をいただいたので、シシ肉のマーボー豆腐、シシ肉の焼肉、シシ肉と野菜の煮物と、シシ肉を堪能しました。
鯨肉のようで、しかも鯨肉よりも柔らかくておいしいんですよね、シシ肉。
カネばかりかかる捕鯨なんぞもうやめて、畑を荒らすイノシシどもを肉にしてフツーに流通させれば一石二鳥だと思います。

さて、昨13日にはもんじゅのナトリウム漏れ事故の調査担当であった旧動燃(現原子力研究開発機構)の西村成生さんの遺品返還を求める裁判が東京高裁であったのですが、残念ながら控訴棄却されました。
原告は西村成生さんの妻・トシ子さん、被告は警視庁と東京都です。

※動燃西村さん事件
動燃総務部次長だった西村成生氏(当時49)は、高速増殖原型炉「もんじゅ」のナトリウム漏れ事故に関する内部調査に当たっていた1996年1月13日、宿泊先のホテルの非常階段の下で変死体として発見された。警察は「飛び降り自殺」と断定。

判決では、西村さんの死に事件性がないと判断した警察は、捜査のためにホテル室内の物品を押収、保管していないとし、請求を棄却しました。(2017年9月13日付赤旗)

事件性がないなら、遺族に遺品は返すべきじゃないですか。
「保管していない」って、廃棄したということでしょう。
事件性があってもなくてもアウトです。
なお、遺品には衣服、手帳、そしてホテルで受けた動燃からのファックスも含まれます。
西村成生さんは1996年1月13日未明、ホテルの部屋で動燃本社から5枚のファクスを受け取った直後、3通の遺書を書いて自殺した――とされていますが、そのファックスは行方不明です。

旧動燃をめぐるダメな主なできごと
1967年10月 原子燃料公社が改組し、動力炉・核燃料開発事業団が発足
1977年4月 茨城県大洗町で高速増殖実験炉「常陽」が初臨界
   11月 茨城県東海村の再処理工場で初の国産プルトニウムを抽出
1978年3月 福井県敦賀市の新型転換原型炉「ふげん」が初臨界
1981年1月 再処理工場が本格的に運転開始
1993年1月 フランスからプルトニウム輸送船「あかつき丸」が原電東海港に到着
1994年4月 敦賀市の高速増殖原型炉「もんじゅ」が初臨界
1995年12月 「もんじゅ」でナトリウム漏れ事故が発生
1996年1月 「もんじゅ」事故のビデオ隠し問題を調査していた西村成生総務部次長が死亡
1997年3月 再処理工場で火災・爆発事故。後に、事故報告書に虚偽があったことが判明
   4月 放射性物質漏れ事故の通報遅れで、国が「ふげん」に運転停止命令
   7月 「もんじゅ」事故の虚偽報告問題で、動燃と職員2人が略式起訴される
   8月 東海事業所の地下貯蔵庫で放射性廃棄物のずさんな管理が発覚
   9月 国が「もんじゅ」に1年間の運転停止命令
   12月 再処理工場の虚偽報告事件で、動燃と職員2人が略式起訴される
1998年10月 動燃が改組し、核燃料サイクル開発機構が発足
2005年10月 日本原子力研究所と統合され、日本原子力研究開発機構となる
2010年5月 14年半ぶりに試験運転再開
   8月 炉内に中継装置を落下させる事故を起こし再び運転停止
2012年11月 約1万点の機器の点検漏れを原子力規制委員会に報告
2015年11月 規制委が運営主体を代えるように勧告
2016年9月 政府が廃炉を含む抜本的見直しを決定
2016年12月21日 廃炉正式決定

にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ
にほんブログ村 犬ブログへ
医療法人松月会なるみ歯科クリニックの予約ページへ

朝、窓を開けると真夏の風景なんですが、

P1190700
▲乱れ咲くアサガオ。

空気はひんやり。

P1190719
▲あ、靴下はいとる。

1週間前にはパンツ1枚だった人も、靴下をはいています。

P1190728
▲秋ですなあ。

なお、本日夕は燃えるような空でした。

P1190747
▲真っ赤。

台風前ですね。
なぜシマシマなんだろう?



私たち「市民の会」は8月1日から9月20日まで、佐川国税庁長官の罷免を求る署名運動を呼びかけ、9月21日、10,706筆の署名簿を添えて麻生財務大臣宛てに佐川国税庁長官の罷免を求める申し入れ書を提出しました。
 しかし、締め切り後も、「ニュースで知った」、「続けてほしい」という声がたくさん寄せられました。そこで、明日、9月13日から、「佐川国税庁長官の罷免を求める第二次署名運動」をスタートさせることにしました。

 集約日は10月12日(木)です。
 第一次と同様、用紙による署名とネット署名を受け付けます。

早速、ネット署名しました。
☆ 専用書き込み(フォーム)サイト http://bit.ly/2wEs1Dl
記録は残さない記憶はない、そんな無能でもエラい人にコビれば出世できるという悪習は断固、断ち切らなくてはなりません。

にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ
にほんブログ村 犬ブログへ
医療法人松月会なるみ歯科クリニックの予約ページへ

今日は午前3時にシッコがしたくなり、ヨーコとけらさんを起こしました。

P1190689
▲おまえのせいで寝不足じゃ。

外でシッコをした後、ボール遊びをしました。
楽しかったです。

P1190690
▲聞いとるのかコラ。

早起きしたので、日中は昼寝をしました。
頭がすっきりしました。
睡眠は大事ですね。

P1190693
▲まったく、おまえというやつは。

今日は早く寝ようと思います。

P1190695
▲仁義無き闘い〔睡眠時間篇〕完。

さて、わたしが森友&加計学園問題で一番驚いたのは、安倍夫人アッキーの活躍でした。
活躍というか専横ですが、どっちにしろ“夫人付き”という役職ができるほどになった首相夫人は、日本の憲政史上初であります(東条英機首相夫人の発言は戦時に結構フィーチャーされていて、でしゃばり女と陰口を叩かれたりしていましたが、それでもアッキーと比べれば屁みたいなもんです)。
世界史上の独裁者はなぜか夫婦でメチャクチャやるケースが少なくないんですが(例:毛沢東と江青、ニコラエとエレナのチャウシェスク夫妻、ファンとエビータのペロン夫妻、フェルディナンドとイメルダのマルコス夫妻、etc)、安倍夫妻もその系譜に連なるのか!
と、固唾を呑んで見守っています。
状況は全く予断を許しません。
で、他国政府は首相の配偶者をどう扱ってるのか、ツラツラ検索してみたんですが、


ドイツのメルケル首相、物理学の博士号を持ってるんですね。
これ、ドイツがいち早くエネルギー政策を原発から再生エネルギーに舵を切った一因じゃないですか?
で、そんな理系研究者であったメルケルさんですが、母語のドイツ語のほか英語、フランス語、ロシア語に堪能ということで、もはや文系・理系の区別をするほうが恥ずかしいぐらいの優秀さでした。
そして気になるファーストジェントルマンは!
ノーベル賞候補にもなっている量子化学者のヨアヒム・ザウアー……。

ナニかこう、比べるのもおこがましい検索結果に、今、呆然としています。
日本が学歴社会って、ホントはウソなんじゃないですかね。
にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ
にほんブログ村 犬ブログへ
医療法人松月会なるみ歯科クリニックの予約ページへ

朝からヤル気なし。
低気圧のせいですね。

1
▲今日はダリーなあ。

2
▲こういう時は、深呼吸するといいわよ。

サアご一緒に、

P1190649
▲こきゅー。

P1190652
▲……やっぱダリーな。(最初に戻る)

夕方、またもや大雨避難警報が出ました。
全然降ってませんでしたが。

さて、安倍首相は東京五輪の最終プレゼンで「汚染水はアンダーコントロール」と言いました。
が。



現在、汚染水100万トンがおよそ900基のタンクに保管されていますが、その量は増え続けていて、特に「トリチウム」と呼ばれる放射性物質は取り除くのが難しく、どのように処分するかが課題となっています。

全然コントロールしてないじゃないですか。


国の専門家チームは去年、こうしたトリチウムを含む水について、薄めて海に放出する方法が最もコストが安く、最短で処分できると評価し、別の専門家チームが、風評被害などの観点を含めて処分方法を議論していますが、結論は出ていません。

「風評被害」という言葉の使い方がおかしい。
「薄めて海に放出」したならば「風評被害」ではなく、実害が出るかもしれないんです。
国民の不安や疑念を風評と言い切る報道はおかしいでしょう。
多くの国民がナゼ国や東電の言うことを信じられなくなっているかといえば、原発事故後、報道でウソばかり垂れ流されたからなんですよ。
特にNHKに。
で、この状態をアンダーコントールとか言ってしまう安倍首相は、原発事故情報に対する国民の疑念の源泉であり、象徴なんです。

今日で、福島第一原発事故から6年半が経過しました。
もはや足を洗うべきです、原発から。
国民の信頼を得るには、まずはそこからじゃないですか。
にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ
にほんブログ村 犬ブログへ
医療法人松月会なるみ歯科クリニックの予約ページへ

今日は暑かったです。
9月になってから初めて、エアコンをつけてしまいました。

1
▲倒れている犬。

まるで死んでいるみたいですね。
でも、

2
▲5分後。

3
▲その5分後。



P1190627
▲30分後。

近づいてみましょう。

P1190637

▲こっち向き。

少しづつ、回転していることがわかります。
以上、どうでもいい犬の情報でした。

さて、政府は、福島原発事故による健康被害はナイとしていますが。



民間の基金「3・11甲状腺がん子ども基金」は、原発事故後に甲状腺がんやがんの疑いと診断された25歳以下の子どもたちに1人当たり10万円の療養費の支援を行っていて、これまでに96人に支給しています。

福島県が行っている甲状腺検査で、これまでにがんやがんの疑いと診断された人は191人に上っていて、再発するケースも出ています。

このため、基金は再発や転移した患者への支援を強化することになり、再手術を受けた福島県と県外の4人に10万円を追加で支給しました。

3・11甲状腺がん子ども基金の活動は素晴らしいですが、10万円では足りないでしょう。
また、原発事故による健康被害は甲状腺がん以外にも考えられますから、もっと包括的な生涯にわたる支援策が必要です。
被害地域一帯の全数健康調査を、長期に、定期的に、実施しなければなりません。
もし、福島原発事故とは無関係であると主張したいのであれば、それも疫学調査で証明すべきなんです。
すなわち、全国規模での甲状腺がんスクリーニングを早く実施すべきです。
この問題、いち民間基金に押し付けていい案件ではないし、小児がんの進行の早さを考えれば、政府の不作為は犯罪的であると思います。

……てなことを、事故後6年も経ってから言う、この情けなさ。
ホント情けないですよ。
日本は発展途上国ですか?
本日は桐生悠々の命日なんですが、
「言わねばならないことを言うのは、愉快ではなく、苦痛である」
という桐生の言葉が胸に突き刺さります。

にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ
にほんブログ村 犬ブログへ
医療法人松月会なるみ歯科クリニックの予約ページへ

このページのトップヘ